外壁塗装の必要性

外壁塗装の基礎知識

外壁塗装は家造りにあたり無くてはならない存在であり、家を守ってくれる役割を果たしています。

普段は何も気に止めることはなくても、紫外線や砂埃から守ってくれる大切な役割なのです。

そんな外壁塗装は1度家造りの際にすれば終わりではありません。

塗料のグレードにもよりますが、平均寿命は10年と言われており10年ごとの塗り替えが必要です。

では外壁塗装を怠ればどんなことが起こるのでしょうか?

分かりやすくする為にまず、外壁塗装をすることでどんなメリットがあるのかを挙げていきます。

一つ目のメリットとして外壁塗装をすると家の見た目が綺麗になります。

10年以上経過した外壁は雨だれや退色、等で新築当初から比べると大分傷んできています。

外壁の再塗装をする事で薄汚れた壁が新築のような美しさを取り戻します。

二つ目のメリットは家の劣化を防いでくれることです。

塗装により外壁の劣化を防ぎ、外からのダメージを和らげる役割を果たしてくれます。

豪雨に見舞われたとしても、外壁塗装をきちんとしていれば外壁については雨漏りの心配もありません。

10年以上経過した外壁は壁のクラックやシーリングの劣化、塗料のチョーキング現象(塗料が劣化して粉のようになる)などで風雨や日光から完全には家を守れない状態になってきます。そうなると、常に家自体が晒されている状態となります。

外壁塗装を定期的にしておけば家全体の劣化がすすむ事を防げるのでかえって修理代をやすく押さえることが出来ます。

反対に外壁の再塗装をしないで傷みを放置したりするとあとあとツケが回ってきてしまいます。

以上のことから外壁塗装は家にとって必要なものなのです。詳しくは家の外壁塗装が参考になります。

 

塗料の種類と外壁塗装の費用相場

外壁塗装の費用相場

外壁とは、風雨から家の壁や柱などの構造体を守る役割を持つ、家の一番外側の壁を指します。

現在の一般的住宅は、外壁に窯業系サイディングというパネルを用いた物と、 モルタルの基礎壁の上から塗料を塗った塗装外壁があります。

そして、後者の塗装外壁は、塗料の耐用年数に限界があり、家を風雨から守る機能が低下し、色もあせてしまいます。

その寿命は5年から20年程なので、定期的に外壁の塗装をする必要があります。

塗料の耐用年数から言えば一番短いものがアクリル塗料を使った塗装で、耐用年数は4〜5年程度です。この場合こまめなメンテナンスが必要になりますが外壁塗装工事の価格相場も28坪位で60万円程度と1番安価です。

また、アクリルよりも長持ちするのがウレタン塗料で耐用年数6年〜8年、金額も70万円程度です。

次いで現在最も一般的なシリコン塗料が 耐用年数10〜12年程となります。

金額は80万円程度になります。

これより耐用年数が長いものは、フッ素系塗料による塗装で耐用年数は、15年程度で金額は100万円前後になります。

さらに、最近では光触媒塗料による外壁塗装が行われるようになりました。

光触媒は、太陽の光で汚れを浮かし、雨がその汚れを流すため非常に劣化しにくく、空気を綺麗にする作用もあります。その耐用年数は20年とも言われていますが光触媒塗料は専門の施工者が必要な場合が多く、金額は120万円程と高額になります。

外壁塗装については、塗装のための足場を組む費用と、既存の外壁洗浄火、塗装職人の人件費が必ず必要で、それに加え、下地材の塗料代と外壁塗料代となるため、金額による主な違いは塗料の料金の差によることがほとんどです。

外壁塗装の色選び

外壁塗装の基礎知識

外壁塗装をしようと決意したときの一番の楽しみは「色選び」だと思います。特に、女性の方はこだわりがある方が多いと思います。

その楽しい色選びも、完工後に思っていた色味と違う、もっと違う色を検討しておけばよかったなど思うことがあります。

そのような色選びについての注意点をお伝えします。

まず上塗材をどのようなランクの塗料を選ぶのかを悩まれると思いますが、その「上塗材の種類」によっては選ぶことができない色もあります。

特に「遮熱性」がある上塗材は色が限定されていますので、ご注意ください。

次は、どのような塗料でも起こることですが「面積効果」と呼ばれる目の錯覚による影響があります。

面積効果とは、広い面積を塗るときに明るい色味はさらに明るく見えて、暗い色はより暗く見えるという現象です。

この現象は完工して足場を撤去したときにしかなかなかわかりません。ですので、この錯覚によって後悔しないように、大きな色見本や実際に外壁にためし塗りをすることをおすすめします。

そうすることで、より実際の外壁に塗った印象のずれを修正できるので、頭の中のイメージとは大きくずれることありません。

もうひとつの方法として、カラーシミュレーションがあります。実際の家の写真をパソコンに取り込んで、好きな色に変え試してみることができるやり方です。

このようなやり方をすることで、思い描いている様子を実現することができます。

完工後にがっかりしないように外壁塗装の色は慎重に選びましょう。

ページの先頭へ