外壁塗装は家造りにあたり無くてはならない存在であり、家を守ってくれる役割を果たしています。

普段は何も気に止めることはなくても、紫外線や砂埃から守ってくれる大切な役割なのです。

そんな外壁塗装は1度家造りの際にすれば終わりではありません。

塗料のグレードにもよりますが、平均寿命は10年と言われており10年ごとの塗り替えが必要です。

では外壁塗装を怠ればどんなことが起こるのでしょうか?

分かりやすくする為にまず、外壁塗装をすることでどんなメリットがあるのかを挙げていきます。

一つ目のメリットとして外壁塗装をすると家の見た目が綺麗になります。

10年以上経過した外壁は雨だれや退色、等で新築当初から比べると大分傷んできています。

外壁の再塗装をする事で薄汚れた壁が新築のような美しさを取り戻します。

二つ目のメリットは家の劣化を防いでくれることです。

塗装により外壁の劣化を防ぎ、外からのダメージを和らげる役割を果たしてくれます。

豪雨に見舞われたとしても、外壁塗装をきちんとしていれば外壁については雨漏りの心配もありません。

10年以上経過した外壁は壁のクラックやシーリングの劣化、塗料のチョーキング現象(塗料が劣化して粉のようになる)などで風雨や日光から完全には家を守れない状態になってきます。そうなると、常に家自体が晒されている状態となります。

外壁塗装を定期的にしておけば家全体の劣化がすすむ事を防げるのでかえって修理代をやすく押さえることが出来ます。

反対に外壁の再塗装をしないで傷みを放置したりするとあとあとツケが回ってきてしまいます。

以上のことから外壁塗装は家にとって必要なものなのです。詳しくは家の外壁塗装が参考になります。